競馬

2024エプソムC 枠順確定

2024エプソムCの枠順が確定したので隊列を考えてみる。 大外枠に入ってしまったがセルバーグが逃げ候補。しかし、前走の新潟大賞典では、スタートで躓いてしまい、散々なレース運びとなってしまった。展開が不確定要素と思える代表のようなレースだったが、…

2024函館スプリントS 注目馬考察

2024函館スプリントS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。函館の開幕週だが現状は雨の心配は少なそうで良馬場での開催を想定。その中でどの程度の時計となるか。アサカラキング前々走の阪急杯で惜しい2着に好走すると、前走のモルガナイトSで…

2024安田記念 注目馬考察

2024安田記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。現時点の予報では週末は一時雨という微妙な天候。ただ金曜日にしっかり降るようなので、完全な道悪にはならなかったとしても、これまでのような馬場は望めないか。ソウルラッシュ近走はGⅠで…

2024日本ダービー 注目馬考察

2024日本ダービー登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。当日の天候だが現時点では降水確率は低い。引き続き良好な馬場での開催か。ジャスティンミラノキャリア2戦で臨んだ前走の皐月賞を勝利。中山適性も未知な状態だったが底を見せていない魅…

2024オークス 注目馬考察

2024オークス登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。当日は晴れの予報で今週も良好な馬場での開催となりそう。ほぼ毎年のことだが全馬が初の2400mの距離への挑戦となる。ステレンボッシュ阪神JF2着、桜花賞1着と実績としてはメンバー中トップと…

2024ヴィクトリアマイル 注目馬考察

2024ヴィクトリアマイル登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。当日は雨予報もあったが現時点では降らない方向となっている。マスクトディーヴァ秋華賞2着の実績があり、4歳牝馬ではリバティアイランドに次ぐ能力をもつ馬と位置付けられる。前…

2024新潟大賞典 枠順確定

2024新潟大賞典の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 このメンバーならテンのスピードはセルバーグが優位で、これが逃げ候補となる。前走の小倉大賞典では、飛ばしすぎの感はありつつも、3着に粘っており、逃げられた点も含め、1800mへの距離延長がプラス…

2024NHKマイルC 注目馬考察

2024NHKマイルC登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。東京は速い時計が出ており開催日は現状は晴れの予報。シャンパンカラーが勝った前年は雨により1.33.8での決着となったが、今年はそれ以前のような時計となることを想定しておきたい。ジャ…

2024天皇賞春 注目馬考察

2024天皇賞春登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。京都の馬場だが雨が降らなかった開幕初日は2勝クラス1600mの勝ち時計が1.32.1となるなど時計が速かった。年明けの京都は時計がかかり気味だったが、それとは様子が異なる模様。天候は気にか…

2024マイラーズC 注目馬考察

2024マイラーズC登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。セリフォス2年前のマイルCS1着、前年の安田記念2着と1600mのGⅠでの好走実績があるが、近2走は結果が出ていない。とはいえ、前走の香港マイルに関しては、海外ということで、やはり勝手の…

2024皐月賞 注目馬考察

2024皐月賞登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。混戦模様。印を回せなかった馬が飛び込んで来る光景ばかり想像できてしまう。レガレイラ牝馬の皐月賞挑戦といえばファンディーナが思い出されるが、牝馬限定重賞のフラワーCを圧勝しただけだっ…

記憶に残る皐月賞 2012ゴールドシップ

今週末は皐月賞が行われます。まだまだ将来の分からない若駒の戦いとなりますが、これまで行われた皐月賞の中でも特に印象の強い年度の話を書こうと思います。取り上げるのは2012年。ゴールドシップがワープしたレースと言えば伝わりやすいだろうか。この年…

2024桜花賞 前哨戦振り返り

2024桜花賞に向けた前哨戦の振り返り。前年の阪神JF以降に行われたレースを対象とする。阪神JF近年トレンドとなっている阪神JFからの直行ローテ。阪神JFでは前後半がほぼイーブンのラップ。1.32.6という速い時計となった。アスコリピチェーノは関西、右回り…

2024大阪杯 注目馬考察

2024大阪杯登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。阪神開催はここのところ雨の影響を受けているが、大阪杯の日はどうなるか。金曜の雨予報もあり、発表は良だったとしても、時計への影響は気になるところ。タスティエーラ4歳馬ではトップクラス…

2024高松宮記念 注目馬考察

2024高松宮記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。中京は週末が雨予報。高松宮記念はここ4年連続で道悪での開催となっており、今年も馬場状態が気にかかる。ナムラクレア前年の高松宮記念で2着に好走。過去の記事でも書いていると思うが、…

2024阪神大賞典 枠順確定

2024阪神大賞典の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 前走の日経新春杯で逃げているディアスティマが一応の逃げ候補。3走前の目黒記念でも逃げて2着に好走している。一方で、前々走のアルゼンチン共和国杯においては行きっぷりが悪く、中団からのレースで…

2024金鯱賞 注目馬考察

2024金鯱賞登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ドゥレッツァ前年の菊花賞馬で、その菊花賞以来のレースとなる。菊花賞の内容は圧倒的なもので、現4歳世代のレベルには疑問符もつく側面はあるものの、この馬は別という認識。注目の今年初戦と…

2024阪急杯 枠順確定

2024阪急杯の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 外枠に入ったことでやや微妙にはなったものの逃げて3連勝中のアサカラキングが行く想定。特に前々走、前走では、1400mにおいてスピードを発揮して押し切っており、ここでも同じレース運びをしたいと思われ…

2024中山記念 注目馬考察

2024中山記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。2回中山の開幕週だが週末は雨予報も。一日通して降る予報ではなく、現時点で馬場状態を想像することは難しいが、道悪適性が不明な馬も多く、天候次第で難解さが増す。ソールオリエンス前年の…

記憶に残る阪急杯 2006ブルーショットガン

春は出会いと別れの季節。2月最終週は調教師、騎手の引退の時期となる。誰もが有終の美を飾りたいところだが、そう思い通りにいくものではない。しかし、最終週にして劇的な重賞勝利をあげた騎手がいる。2006年の阪急杯。ブルーショットガンに騎乗した松永幹…

2024フェブラリーS 枠順確定

2024フェブラリーSの枠順が確定したので隊列を考えてみる。 1200mでも逃げのレースを展開してきたドンフランキーが逃げる想定。経験してきたラップから自然に前に出る形になると思われる。1600mの距離を意識して抑え気味になる可能性もあるが、外枠に入った…

2024小倉大賞典 注目馬考察

2024小倉大賞典登録馬の考察。枠順確定前時点の考察となる。小倉の馬場はBコースになっても外差し傾向。ディープモンスター前走のアンドロメダSは強い内容での勝利。斤量が58.5kに増えるのは少し気になるところではあるが増え幅としては0.5k。重賞で馬券に絡…

2024京都記念 注目馬考察

2024京都記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ベラジオオペラ前走でチャレンジカップを勝利。スプリングSに続き重賞2勝目となった。京都記念においては前走から距離延長となるが、問題なくこなすことができれば、重賞連勝が見えてきてよ…

2024東京新聞杯 注目馬考察

2024東京新聞杯登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。開幕週は速い時計が出ており雨も降らない見込み。東京らしい馬場を想定する。マスクトディーヴァ前年のローズS、秋華賞において高いパフォーマンスを披露。秋華賞ではリバティアイランドに…

2024シルクロードS 注目馬考察

2024シルクロードS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。もともと時計のかかり気味だった京都の馬場だが道悪での開催を経てどうなるか。予報からは当日の雨はない見込みだが、時計のかかり具合が進行する可能性もある。アグリ阪急杯1着、セン…

2024AJCC 注目馬考察

2024AJCC登録馬の考察。枠順確定前時点の考察となる。週末は雨予報。ここまで時計の出ている中山だが雨によってどう変化するか。雨量によっては道悪適性が問われる馬場になることも想定に入れておきたい。ボッケリーニこの馬のキャラクターは分かりやすい。G…

2024日経新春杯 注目馬考察

2024日経新春杯登録馬の考察。枠順確定前時点の考察となる。サトノグランツ神戸新聞杯を勝って臨んだ菊花賞では3人気に支持されたものの10着。GⅠでは足りなかったのか距離が長かったのか、といったところだが、日経新春杯は仕切り直しの一戦となる。サトノグ…

2024京都金杯 注目馬考察

2024京都金杯登録馬の考察。枠順確定前時点の考察となる。ダノンタッチダウン朝日杯FSで2着、NHKマイルC4着の実績をもつ。皐月賞と前走の富士Sでは大敗しているが、皐月賞は重馬場の2000mで厳しかった。富士Sでは逃げに出たことで能力を発揮できなかった可能…

2024中山金杯 注目馬考察

年明け最初の投稿。地震により2024年はとんだスタートとなってしまいましたが今年もよろしくお願いします。2024中山金杯登録馬の考察。枠順確定前時点の考察となる。エピファニー前年の今頃は1800mばかり使っている状態だったが、ここにきて2000mにも対応で…

2023全日程終了

年末が近づいていますがJRAの全日程が終了。今年は赤字収支。年間黒字収支の連続記録は4でストップ。残念。本命馬の4着5着の多さや故障の判明などリズムが悪く、プラスマイナスゼロのラインが近くて遠かった。反省として、結果に対して何がまずかったかを考…