競馬

2023有馬記念 注目馬考察

2023有馬記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ジャスティンパレス前走の天皇賞秋では2着に好走。距離適性の幅の広い馬とは思っていたが1.55.6で走破した上でのもの。2000mで時計が速くなるとどうかという懸念があっただけに驚かされた。…

2023朝日杯FS 注目馬考察

2023朝日杯FS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。朝日杯FS当日は降らないかもしれないが阪神は前日雨予報。時計のかかる馬場、道悪適性を問われる馬場となることも想定に入れておきたい。ジャンタルマンタルデビューからを2連勝。前走はデイ…

2023阪神JF 注目馬考察

2023阪神JF登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ボンドガール前走のサウジアラビアRCでは2着に好走。評価すべき実績ではあるが内容的にはそれほど印象に残らなかった。とはいえサウジアラビアRCは牡馬が相手でもあった。相手との比較という観…

2023チャンピオンズカップ 枠順確定

2023チャンピオンズカップの枠順が確定したので隊列を考えてみる。 明確な逃げ馬はいない。近走で逃げの経験があり最内枠を引いたメイクアリープ、前走の武蔵野Sで先行していたケイアイシェルビーあたりが逃げ候補となりそうか。レモンポップは大外枠を引い…

2023ジャパンカップ 注目馬考察

2023ジャパンカップ登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。GⅠ馬多数の豪華メンバーが集まった。イクイノックスGⅠを5連勝中。前走の天皇賞秋においては、2000mで速い時計となった場合が死角となりうると考えられたが、1.55.2というとんでもない…

2023マイルCS 注目馬考察

2023マイルCS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。前年のマイルCSの上位馬が顔を揃えた感じだが、今年は久々に京都が舞台となる。ただ、京都の休眠期間が長く、コース経験のある馬は少ない。セリフォス前年のマイルCSを上がり33.0の脚で差し…

2023福島記念 枠順確定

2023福島記念の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 逃げに拘るのはユニコーンライオンとテーオーシリウス。ユニコーンライオンは前年の福島記念を逃げ切っているので、その再現を狙いたいところであろう。この2頭は函館記念で顔を合わせているが、そのと…

2023エリザベス女王杯 注目馬考察

2023エリザベス女王杯登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ジェラルディーナ前年の覇者が連覇を目指して出走。前走のオールカマーは6着。宝塚記念のパフォーマンスからすると物足りないと感じられる。その点は気になるが、斤量56kでもあり、…

2023アルゼンチン共和国杯 注目馬考察

2023アルゼンチン共和国杯登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ヒートオンビート2年前の目黒記念2着、前年のアルゼンチン共和国杯3着と好走したのに続き、今年は目黒記念で勝利。ついに重賞制覇となった。特に今年の目黒記念は58kを背負って…

2023天皇賞秋 注目馬考察

2023天皇賞秋登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。イクイノックスvsドウデュースが久々に実現。他にもハイレベルなメンバーが揃っており楽しみなレース。イクイノックス国内外のGⅠを4連勝中。この実績だけで天皇賞秋において当然に有力候補と…

2023菊花賞 注目馬考察

2023菊花賞登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ソールオリエンス皐月賞1着、ダービー2着と春のクラシックではともに連対。皐月賞の方が凄みがあったため、京都のイメージに合うかだが、能力的に評価すべきである。ただ、前走のセントライト…

記憶に残る菊花賞 1999ナリタトップロード

今週末は菊花賞が行われます。クラシック3冠最後の1冠を巡って数々の戦いが繰り広げられてきましたが、その中でも特に印象に残った菊花賞の話を書こうと思います。取り上げるのは1999年。ナリタトップロードが唯一のGⅠ制覇を果たしたレースになります。ナリ…

2023秋華賞 注目馬考察

2023秋華賞登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。リバティアイランドの3冠なるかに注目が集まる。リバティアイランド阪神JF、桜花賞、オークスと高いパフォーマンスで3連勝。オークスに至っては2着に1.0秒差をつける完勝だった。能力的には間…

2023京都大賞典 枠順確定

2023京都大賞典の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 このメンバーの中だと、最も逃げる可能性が高いのはアフリカンゴールドと思われる。生粋の逃げ馬ではないが、行けるなら行くという感じ。飛ばしていくタイプではない。ディープボンドは逃げた経験はな…

2023毎日王冠 注目馬考察

2023毎日王冠登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ソングライン春はヴィクトリアマイルを制すると、続く安田記念も勝利。安田記念は連覇となった。実績は十分すぎるものであり、東京コースも得意といえる。最大の実績を1600mであげているのに…

2023スプリンターズS 注目馬考察

2023スプリンターズS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ナムラクレア春はシルクロードSを56.5kで勝利、GⅠ高松宮記念を2着に好走。GⅠに通用してよいだけの能力とともに、全く異なる馬場状態で結果を残す適性の幅広さもナムラクレアの魅力と…

2023オールカマー 注目馬考察

2023オールカマー登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。中山の馬場に関しては、時計も出ており、JRAのホームページでも良好な状態とされているが、他方で週末の雨予報もある。タイトルホルダーGⅠ3勝の実績は登録馬の中でも抜けた存在である。…

2023京成杯AH 枠順確定

2023京成杯AHの枠順が確定したので隊列を考えてみる。 逃げ候補はシャイニーロックとグラニット。経験してきたラップと枠の並びから一応シャイニーロックが逃げる想定としているが、どちらが逃げるかはスタート次第で五分五分かと思われる。シャイニーロック…

2023セントウルS 注目馬考察

2023セントウルS登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。久々に阪神で行われるセントウルS。秋の開幕週、野芝100%ということで、速い時計となることも想定されるが天候も気になる。アグリ春は阪急杯を勝って高松宮記念に挑戦したが7着。とはいえ…

2023新潟記念 注目馬考察

2023新潟記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。サリエラ前走は目黒記念で3着に好走。外を回った分、伸びきれなかったかもしれないが、牡馬混合の重賞に入っても十分に通用することを示したといえる。現状ではサリエラの最大実績はこの目黒…

2023キーンランドC 注目馬考察

2023キーンランドC登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。先日の札幌記念に向けた考察では、雨の影響を受ける可能性は低そうなどと余計なことを書いてしまったが、当日は思いっきり影響を受けた馬場状態となっていた。今週も現時点で日曜に一時…

2023北九州記念 注目馬考察

2023北九州記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。モズメイメイ前走で葵Sを勝利。ロケットスタートで先手をとると、そのまま押し切った。スタートの強烈さは話題にもなっていたが、レース後の武豊騎手のコメントは、逃げるつもりはなかった…

2023札幌記念 注目馬考察

お盆休み最終日に台風。居住地域は概ねたいした天候不順はないですが、大変なことになっている地域もあるようで。皆様のご無事をお祈り申し上げます。2023札幌記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。札幌はこのままなら雨の影響を受ける可…

2023小倉記念 枠順確定

2023小倉記念の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 逃げ馬はテーオーシリウス。内枠も引いたことで、この馬がレースを作ると思われる。前走の函館記念では、ユニコーンライオンがおり、かつ、枠の差もあったことで、最終的に相手に譲る形になったが早々と…

2023関屋記念 注目馬考察

2023関屋記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。ディヴィーナ前年の関屋記念では13着に終わるなど、3走前までは重賞では敷居が高い印象があった。それが前々走のヴィクトリアマイルで一変。上がり最速で4着に好走した。続く前走の中京記念…

2023クイーンS 枠順確定

2023クイーンSの枠順が確定したので隊列を考えてみる。 逃げて連勝中のグランスラムアスク、または4走前と3走前において逃げて連勝を決めたウインピクシスが逃げ候補と思われる。グランスラムアスクは全4勝を逃げてあげており、より逃げたい理由があるが、一…

2023アイビスSD 注目馬考察

2023アイビスSD登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。もともと難しいレースだが、近走から狙いが立ちづらい馬が多そうで、やはり難解な印象。また、新潟大賞典の週にひどい道悪になった影響か、前開催は時計がかかっている傾向があり、アイビ…

2023中京記念 枠順確定

2023中京記念の枠順が確定したので隊列を考えてみる。 行く馬としてはホウオウアマゾン、アナゴサン、シュリあたりが候補となる。中京1600mの特徴の1つとして、スタート後最初のコーナーまでの距離が短いことがあげられる。ホウオウアマゾンは阪神での良績が…

2023函館記念 注目馬考察

2023函館記念登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。アラタここ2年近くに渡ってずっと2000mを使われていたが、前走の巴賞では久々にそれ以外の距離でのレースだった。1800mはキャリアの中で最も短い距離である。函館コースということで、ある程…

2023七夕賞 注目馬考察

2023七夕賞登録馬の考察。枠順確定前の週前半時点の考察となる。フェーングロッテン近3走は2000mの重賞を連続して好走。2走前には展開に恵まれたとはいえGⅡの金鯱賞で好走している。能力的には当然ここでは通用するし、適性も備えているが、斤量の58kが気に…